ネコロジーラボ

シニカルで愉快な猫族との関わりを綴ります

教育方針 

2017/08/04
Fri. 00:26

去年の7月7日は、ひろとが逝ってしまった日。
一年とちょっとがすぎたけど、少なくても日に一度は喪失感に鷲掴みにされ、
未だに胸がえぐられるように痛くって、正面から向き合うのが怖い。
なぜか右脇腹がごっそり欠けてしまった感覚がある。

彼女が旅立って、一年が過ぎたつい先日。
初めて夢で彼女に会えた。


夢特有のめちゃくちゃな世界だったけど、
とにかく、

私はまだ妊娠中で、お腹にいるヒトなつを、
私にかわってひろとが産んでくれる、という夢を見た。
代理猫!

夢の中のひろとは、まったく 手がかかるなぁ、とぼやき、
しょうがないからかわりに産んであげるから、と言うのを
私はそんなことは出来ないと答えつつも、いくらか心がぐらついた笑


私は本音を言えば、自分で産むよりも、出来ることなら拾いたかった…。
どうも私はあまり血にはこだわらない節があり、多分その辺りが生き物として変で淘汰されるべき遺伝子なのかもしれないけど、自分で産みたいと思ったことが無かった…。それにせっかくの血縁なのに ヒトなつは誰にも似ていないけどそのことも楽しいし、ヒトなつは多分猫なっちゃんに一番似ている気がしてすごく嬉しい。
もしもこんな可愛い存在を産まずして拾えるなら。ラッキーだ!!!
そりゃぁ余っていなければ拾いたかったなんて言ったら不謹慎だけども、ヒトでさえあぶれている現実があるわけで。
だって産むのは痛くてたいへんだし…。もうすぐ半年が過ぎるのに、内部の縫合痕が未だに痛む。この痛みは付き合っていくしかないのかしら。慣れるといいなぁ。


そんななので、ひろとがかわりに産んでくれる、という甘い夢は
私が彼女に、どれだけ寄りかかり甘えているのかを物語っていると思う。



死んで尚、寄りかかられる。
悪いねぇ。




私は過去に、いちばん信頼していい人に見捨てられたりしていて、

裏切りとかそういうもろもろは、一見悲しい出来事に見えるけど、


大好きな存在との別れ。

それが世の中でいちばん、悲しいことだと思います。



だから、ヒトなつが泣くと、

その悲しいは気のせいだ、本当に悲しいのは少ししかないよ!って、つい、話しかける。

はしょって「気のせい♪」と言うと、かなりの確率で彼女は泣き止みます。



ね。



楽しいことはいっぱいだ♪


あらあら、



みんな集まって来ちゃうね。


願わくばヒトなつが、些細な楽しいとかささやかな幸せを、
存分に感じ取れるヒトになってくれるといいなぁ。

猫なっちゃんと同じように。

ま、強制はしませんけどね。


あーあ。
ひろとに会いたいな。
松っちゃんにも会いたいな。

ヒトなつ!大きくなったらふたりを拾って来てね~!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://necologylob.blog.fc2.com/tb.php/898-a6264393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08