ネコロジーラボ

シニカルで愉快な猫族との関わりを綴ります

なっちゃんのお葬式 

2016/08/11
Thu. 23:34

今日も心をえぐるような話しになってしまいました。
亡骸の写真を出す羽目になってしまいました。
どうか苦手な方はスルーしてください。



なっちゃんが亡くなってから、
こんなコトってあるんだ…、って、
泣き笑いしながらも、驚きの連続でした。



常々、猫は死の解釈が、ヒトとは異なると思っていました。

ところが。




松と、



ひろとは違った。


ヒトと同じく、彼女の亡骸を囲みました。



私があんまり泣くから、



ひろとはうんと慰めてくれました。

最愛の妹を失ったひろとの方が辛いはずだって、
何度も何度も思うのに制御できず、
彼女の小さな胸を借りる情けないことになりました。




亡骸はただの入れ物だから、
中身が入っていなければ、あまり意味が無いのに、



空っぽのなっちゃんも、やっぱりものすごく、
きゃわわでした。





火葬に出発する前まで、



ひろとと松は、なっちゃんから離れませんでした。



火葬に行くんだよって、ふたりに説明し、



松を残して

ひろとはそっとコタツに入り、



離れたところから、なっちゃんをじっと見ていました。


私の前では、泣けなかったのだと思います。




[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

2016-08