ネコロジーラボ

シニカルで愉快な猫族との関わりを綴ります

腰をぬかした 

2017/07/12
Wed. 08:36

昨夜、先輩だけじゃないを書いて、

今朝、夫がヒトなつの横にゴロンと横になったら、なんと。

ヒトなつ頭付近に、嘔吐の跡が!

白い毛玉付き。

純白の毛玉を吐けるのは彼しかいない。


タオ、ヒトなつに近づいているじゃんかー。


え…もしや…、白坊ちゃん、毎夜ヒトなつを至近距離で観察?
昨夜はヒトなつに近づいた途端、吐いた?
近づいた痕跡を残すあたりが、なんともマヌケだ。



なんにしたって、私の予想をいっつも凌駕する



あほ坊ちゃん。

呆れちゃったよぉ。



今のところタオから攻撃性は感じませんけど、毎度彼は予想を超えますから、
不幸な事故が起きないよう、居住まいを正しました。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

タオにとっての最高の一日 

2017/05/18
Thu. 23:50

昨年、すんごく大切な3匹の猫を見送り、ヒトなつが産まれた今でも、
やっぱり未だに消化できずにいますけど、

ヒトよりずっと、タオとくうちゃんの方が辛いと思います。
仲が良かったからなぁ。

くうちゃんとタオ、結果的に一番微妙な距離感のふたりが残されてしまいましたけど、
それはそれで何かいい感じに収まるのではないかと考えています。

しかもタオは私を独り占めしていたのに、ヒトなつが産まれて、
時間的にヒトなつにとられてしまっていたたまれないかと思わせつつ、

1人ぎゃーぎゃー騒いでいるタオ(どんな時もコレはずっと変わりません)のことを、
なっちゃんのおにーちゃんは相変わらずうるさいよねーって、
ヒトなつに文句言いつけまくりなのも納得せざる終えないほど、

まじでタオはやかましい。


ヒトなつが産まれて3ヶ月ちょっと経ち、声も少しは大きくなったものの、
彼女の泣き声は、タオの雄叫びに比べれば、

鈴の音。


泣いているのに、BGMの様に聴き流してしまう事があるほどです。

だって~。きゃわわすぎる泣き声なんですよ!
一生懸命泣いているのにねぇ。ごめんよ、なっちゃん。



まぁそんなこんなですが、ヒトなつが産まれて、
くうちゃんは私を必要としていないため、今まで通り接していますけど、
タオには1日2回位、タオだけを見つめる時間を、意識的に作っています。

最近は、立ち入り禁止のクローゼットでふたりっきり♪がブームで、
なぜクローゼットが立ち入り禁止かというと、夫の服にタオがマーキングするからなんですけど、
ヒトが立会いだったら大丈夫かと思わせつつ、

今日は朝っぱらから、私を見ながら、恍惚とした表情で、

思いっきりスプレーした。

普段、他の場所では見つかったらマズいことを理解しているのに。


そして1日中、おかしなハイテンションで、
記憶にある限り、あんな満足気な彼を見るのは初めてで、

それを眺めながら私は、

タオって…。男って…。


そんなくだらない事が最高の幸せなんだ!と理解してしまって


心底、

呆れました。





呆れちゃったよぅ。タオ!!




けどね。



ヒトなつを懸命に受け入れようって頑張っているのも、

知ってるよ。



タオはいちいち騒がしいけど、

保護猫とだって、最後には一番仲良くなっちゃうし、だから案外、

ヒトなつの良きおにーちゃんになっちゃうかもしれないよね。

ま、どっちでもイイんだけども、


あるものの中で、キチンと、収まるところに収まる猫たちから、

私は学ぶ事ばかりです。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

爆弾 

2017/02/09
Thu. 10:14

また後回しにしてしまおうか…と、逃げ腰になっていました。


今朝、窓を開けると、うっすら雪が積もっていました。

「いーかげん、絆創膏は一気に剥がせよ」って、
背中をごつっと、彼に押された気がして、この事実と向き合います。



2ヶ月半前の
2016年11月24日。
南関東に、早すぎる雪が積もりました。


この日我が家は、

松っちゃんのお葬式をしました。









11月16日
我が家でリハビリ療養していた母が、みるくと実家に帰りました。
母と暮らしたことのある松っちゃん。
もともと松っちゃんは、私よりも母が大好きでしたが、
おかーさんまた来いよ~って、軽い感じで母を見送り、
あんなにおかーさんが好きだったのに、はくじょーだよね、とみんなで笑いました。
いつも通り、すごく元気だった。

11月19日夜
ひろとが亡くなってから、「松っちゃんと焼肉かスキヤキ」が流行っていた我が家。
毎度、味付けなしの一切れのお肉を細かく切って少しづつサーブし、
この日も最初から最後まで、松っちゃんは共に食卓を囲んでくれました。
その後、松人生初の、粗相をしました。
嫌な感じがしました。

11月20・21日、数回粗相しましたが、食欲はありました。
尿検査だけするものの異常が見当たらず、
念のために膀胱炎対策の抗生剤を投与することになりました。
少し元気がない程度でした。

11月22日
呼吸が荒くなり、目に見えて貧血が進んでいるのがわかりました。
辛抱たまらず、近場の病院に行きました。
無用な検査を避けるため、まずはエコーを撮ってもらい、その結果、
心臓まわりに少し水が溜まっていました。
先生からは、この溜まり方だと、おそらく心臓の腫瘍だろうと言われました。

16歳半。確定診断のために検査をし、抗ガン剤治療をし、
そんな本腰治療をしたら、松っちゃんにどれだけ恨まれるだろうか?

迷いました。
展開の早さに、足がガクガクしました。

貧血対策だけして、見守る選択をしました。


11月23日
松っちゃんは低体温になり、より涼しい所を求めて、家中を徘徊しました。
私は松っちゃんから目が離せず、3時間は彼を追い続けました。
ひょっとすると…松っちゃんは迷惑だったかもしれないけど、
男前だから、勘弁してくれたとも思います。


最終的に選んだのが、寝室のベッドの上で、
それから30分ほど経った、10:30。


松っちゃんは私を、正気の目で見つめました。
それから、
少しだけもんどりうって、おそらくほんの1分もかからず、

駆け足で、逝ってしまいました。

目を離さなかったのに、いつ事切れたのかわからないほど安らかでした。



私を見つめた時。

松は、「楽しかったな」と、言いました。




見送れたのは、私だけでした。

照れ屋の松は、みんなが集まれない時間を、わざと選んだのだと思います。





そして11月24日。
早すぎる雪が積もったあの日に、松っちゃんのお葬式をしました。
雪が降ってくれたから、植木職人の夫も休めたし、母も来れました。



あまりに連続してしまったから。
タオはついに、死の意味を理解してしまった。



亡骸に、お別れを言っていました。





亡骸を焼いている間も、深々と雪が降り続けていましたが、

ぴたりと雪がやみ、



空に光が差し込みました。

写真はイマイチだけど…
奇跡が起きたみたいに、美しい空でした。



みんなで、せっかちなひろとが迎えに来たんだって、
あー、松っちゃんは四十九日を待たずにもうお迎え来ちゃったねって、
ひろとに翻弄される宿命だもんねーって、話しました。





そして、骨を拾う時。

大型種と言われる猫ちゃんでも、入るのですが…
松っちゃんはどうしても入りません、初めてです!と、葬儀場の方から言われ、

猫規格を超えた屈強な男の骨は、
猫用の骨壷に納まらず、ひとまわり大きなモノとなりました。



わいわいがやがやと盛り上がり、

泣き笑いしながら、骨を拾いました。





松っちゃんは、最後もキメた、ぜ!


[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

それからの男塾 

2017/02/04
Sat. 22:45

多少(!?)、猫の出入りがあったものの、
なっちゃんとひろとが旅立ち、松とタオが残されました。

松とタオ=男の縦社会


なんか…。一気に我が家は華やかさが潜み、もさーっとした空気に包まれました。

女の子の威力って、凄いんだな。

ん?くうちゃんがいるのですけども…
どうも彼女は性別を超えているというか、そもそも触れないからな…。


けど。

松っちゃんは頑張ってくれた。

松はひろとが逝ってから、がっくり肩を落としてしまったのに、



物陰からだって、



私を見つめ、

その度に、松っちゃん顔に穴あいちゃうよ!って笑わせてくれて、


夫がうたた寝すれば、



さっと寄り添い、励ましてくれた。



自分だって必死だったよね。


みんながいた時は、おちょくってばかりいたのに、



タオにも、すっかり優しくなってしまいました。



若い頃は粗暴な番長だった松っちゃん。

こんなに他のモノを気遣う男性に成長するなんて、思いもしなかったよ。



女子が中心だった我が家は、火が消えたように静かになってしまいましたが、

松っちゃんのお陰で、どうにかやっていたのです。




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

今日もいそしむ。 

2016/02/02
Tue. 06:29

また言ってる~

メシ・・・

さっきたべたでしょうよぉ


でもメシ・・・


もー。

君の男前はダテだ!!


↓管理人のお店「ネコロジーバザール」ネコ用品・ヒト用品を作っております↓

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-11