ネコロジーラボ

シニカルで愉快な猫族との関わりを綴ります

送迎 

2017/02/19
Sun. 10:09

ヒトなつも私も元気ですが、
おとといまで麻酔の影響で、味わったことのない頭痛に悩まされ、
退院が延びそうでしたが、昨日急に改善!
元気になった途端欲が出てきて、タオが恋しくなってきていた私は、
お医者さんと交渉し、今朝の体調次第で今日退院しても良いコトになっていました。



今朝、窓を開けたら、

また



雪が積もっていた。



松っちゃんが、ひろとに言付かって、

ヒトなつが家にちゃんと帰れるように、迎えに来たんだなって、

やっぱり、今日帰れるんだなって思いました。



無事帰って来れたよ、ひろと。



ヒトなつは新生児のクセに、脚力が凄くって、布団を一発ではいじゃうよ。



一番の被害者はひろとだったもんね。よーく知ってるね。

相変わらずだよ!


ヒトなつが大きくなったら、ひろとも松っちゃんも、拾いに行くよ。



早く帰ってきてね。

それまでずっと、待ってるからね。

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

ヒトなつの誕生 

2017/02/13
Mon. 17:23

ヒトなつが産まれました。

それはもう、まさしくなっちゃんで…
私の第一声は、またようこそ! でした。

しばらく性別が見えていなかったから、
土壇場で松にすげかわっている説も濃厚でしたが、
出てきたのは、かわいい女の子でしたー♪


腹傷がイタイですけど、母子共に健康です!

取り急ぎご報告まで♪

[edit]

CM: 9
TB: 0

page top

2度目の朝ごはん待ち  

2015/12/09
Wed. 06:41

最近のひろと姉さんは、朝イチでドライフード、その30分後ほどでウェットフードを召し上がります。

朝は他の猫族たちも、公認でひと匙づつウェットフードを貰えるのです♪

暖をとって待つ方たち。

あら珍し。
松が居て、ひろとが来た♪

良かったねぇ、松っちゃん。


ひろとが「ちょっとの待ち時間だからしぶしぶよ」と言っている笑


優しくしておやりよ笑

↓管理人のお店「ネコロジーバザール」ネコ用品・ヒト用品を作っております↓
*商品補充しました♪*

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

レッドカーペット物語その1  

2015/12/05
Sat. 06:34

実家で使わなくなったラグをもらってきました。

猫と暮らしていると、敷物を敷くのって躊躇しますよねぇ。
ゲボっとしたり、うちの場合はしっこ王子もいるし。

まぁ、不用品だからどうなってもいいかと、試しに敷いてみたのですが、

何年も敷物にご無沙汰だったから、暖かくてビックリしました~♪


早速、いそいそと


しっこ王子が不審な動きでやってきて、身を固くするわたくし。

だって…いきなり じょじょーっとやらかすかもしれない。



なんか言ってる。

文句ありげですが、わたくし(タオ語三級)が読み解くに、

嬉し半分、混乱半分。


取り敢えず、最初のご対面は上々の結果でしたが、
さてさて今後、どーなることやら。


ところで猫は、赤がグレーっぽく見えると聞いたことがあるのですが、

この真っ赤なラグ、威圧感があってコワイっていうことはナイのでしょうか、ね?






コメントのお返事は、忙しさ具合での気まぐれとなっております…。それでも残してくださる方。大歓迎でっす♪

↓管理人のお店「ネコロジーバザール」ネコ用品・ヒト用品を作っております↓

*本日12/5(土)20:00、商品補充してOPENです♪*

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

人災  

2015/11/27
Fri. 06:34

ちょっと猫と離れたお話しを。

ずいぶん生意気申し上げていますが、

ひとつの見方としてとらえていただけると幸いです。

かの国で、テロが起きた。

心の脆弱さゆえ、情報弱者でいようとする私は、少しあとになって事を知りました。

被害にあわれた方々に、心からお悔やみとエールを送ります。

私は、ヒトとして、指導者として、ダライ・ラマ14世を敬愛してやみません。

歴史上、最も過酷な環境を生き抜いたダライ・ラマ。

猊下は、物事に逆らわない。

英知に満ち、物静かさとお茶目が共存し、

私の勝手な解釈ですが、パンク精神にあふれている。

物腰の柔らかさとは裏腹に、

猊下が発する言葉は、時に世の中の慣習を斬り込み、

世の中と、ヒトの業の深さを、ただただ、ありのまま表現する。

猊下が発した、この度の事件についての発言も、

現実的かつ至極当たり前で、大きく頷きました。

人災。

これについて、神に祈ったって仕方がない。

解決するのはヒト。

しかしながら、神への祈りが、未熟なヒトの心の整理に役立つならば、

それは正しい形の宗教なのではないかとも、思う。

ヒトは未完全なものだから。

地球上には、戦地になり未だ地雷が埋まっている地域、戦時中の国々。

遠い国の出来事ながら、驚くほどたくさんあります。

一般人が巻き添えになっていることも、たくさんあります。

ですから毎度、先進国で起きる事件が大きく取りざたされることに、

私は違和感を覚えます。

圧倒的な悪意と暴力。

どこで起きていようが、その根底はヒトの欲や支配。

表面上は平穏な日本にいると現実味がないけれど、よく目を凝らすと、

あのヒトの方がいい生活をしているとか、

あのヒトの方がキレイだとか、

他者の役割を奪って仕切りだしたりとか、

猫だから無下に扱うとか、

弱者だから踏みつけにするとか。

同じ心の構造が垣間見える。

もー。競争したり勝負するのは、

他者とじゃなくて、己とだけ、できたらいいのに。

戦時下にいない自分に出来るのは、

謙虚さを、心新たにすることだと思いました。

ヒトは弱く、傲慢だ。

だから、宗教はヒトが仲良く過ごすのに、必要だったのもわかる。

けれど歴史上、宗教によって、様々なイザコザが起きてきたのも事実だ。

どんな信仰を持っていようと、ヒトの心がひん曲がっていたら、そーゆーことになる。

だから。やっぱり、個々のモラルと謙虚さだと思う。

とまぁ、そんなことが頭をぐるぐる廻るから、

情報を入れないようにしている弱虫です。私は。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-09